ネットワーク環境にはクライアントとサーバーと言う分類があります。
クライアントはそれぞれのユーザーが利用する端末のパソコンことです。
サーバーは複数のクライアントがアクセスするデータなどを共有するための元となるパソコンです。
最近ではデータ管理の簡略化やセキュリティ強化のためにシンクライアントと言う考え方が広がっています。
シンクライアントとは、できる限り必要最小限のスペックのパソコンを利用したクライアントのことを言います。
それが実現できるのが仮想デスクトップです。
仮想デスクトップとは、扱うオペレーティングシステムやアプリケーション、データは全てサーバー側で保管し、動作するようにしてクライアント側にはインストールも保管もしない環境のことです。
そうすることでクライアントに使われるパソコンのコストを削減することができます。

運用が楽になる仮想デスクトップとは

シンクライアントにすることで、運用面でもメリットがあります。
仮想デスクトップの場合、オペレーティングシステムやアプリケーションがサーバー側にあるためバグフィクスが必要となったり、アップデートが必要になった時にサーバーだけを対応するだけで完了することができます。
クライアントが次に利用する時にはアップデートされた新たな環境になっています。
個々のパソコンにインストールされている場合、保有している使用者にアップデートの実行をお願いしないといけません。
実行してもらえなかったり、やり方がわからないなどで対応しなければなrないこともあります。
そのような無駄な時間を必要としないことが仮想デスクトップを導入してシンクライアントを利用するメリットのひとつです。

場所や環境を選ばない仮想デスクトップとは

仮想デスクトップを利用して、メリットとなるのは場所や環境を選ばないと言うことです。
サーバーにアクセスできる環境があれば、どこからでも仮想デスクトップを利用することができます。
クライアントに利用していたパソコンが壊れてしまった場合でも、すぐに代替えのパソコンを用意することができます。
イベントや仮設のオフィスなどで作業が必要となった時もサーバーにアクセスできる環境があれば普段と変わらない環境を用意することができます。
サーバーへのアクセス権さえしっかりと管理しておけば、セキュリティが脅かされることはありません。
利用したクライアントのパソコンにデータが残ることがないため漏洩の心配もありません。
どこに行ってもビジネスのパフォーマンスを落とすことなく普段と変わらない環境を提供することができます。

業界初、仮想マシン単位でのQoSを自動化。 高性能のオールフラッシュシリーズと低価格のハイブリッドシリーズからお選べいいただけます。 Tintri VMstore T5080の参考価格7,400万円です。 業界唯一のVMに最適化されたストレージです。 その他大阪や名古屋にも支店があり、全国をカバーしています。 日本法人オフィスは丸の内の二重橋前にあります。 便利な仮想デスクトップとは