ネットワーク環境の普及による実現可能な仮想デスクトップとは

デスクトップは一つの物理的なディスプレイに映し出され、多くの方はその環境下で作業を行うことが多いです。ただネットワークに繋がれた領域にデスクトップ環境があれば、それを各端末でアクセスを行う形で利用することができるのが仮想デスクトップとして注目されています。
仮想デスクトップとは、サーバー上のデスクトップ画面を遠隔地に居る人でもネットワークに繋げることで、自分の端末に同じデスクトップを映し出せる仕組みを言います。固定化された形でのデスクトップの利用とならず、拡張性にも優れた幅広い形での利用ができる点でも優れています。
ブロードバンド技術の進展に伴い発展し、クラウド化することで一つの物理的ディスプレイに複数のデスクトップを表示させることができ、多機能化も図れます。

集中管理や情報漏えい対策にも効果的である

仮想デスクトップとは、サーバー側にデスクトップ環境を格納しておくため、アプリケーションやデータなどもサーバー側に格納する形になります。つまりサーバーによる一元管理を可能とし、集中管理を徹底することが可能です。
エンドユーザー側としては、ネットワークに接続してアクセスするだけでいつでも同じデスクトップ環境が活用できることで、アプリケーションやデータの保存を意識しないで済みます。特に各端末にデータを残しておくと情報漏えいの原因になることも多いですが、端末側にはデータが残らないことで漏えいの原因自体を防ぐことが可能です。
他に一元管理を徹底させることでセキュリティ対策の強化も容易になるため、近年は大企業を中心に急速的に普及しているシステムにもなっています。今後も情報漏えい防止対策としても期待されています。

クラウド化と密接に関係し事業継続基盤強化する働きもある

仮想デスクトップとは、ネットワークを介してアクセスできるデスクトップ環境でクラウド化と密接に関係します。つまり端末側のリソース資源を意識しないで済むのでメモリ自体も喰わずに済み、スムーズな稼働を実現できます。
災害時や緊急時でもオフィスが利用できない状態にあっても端末があれば、どこからでもアクセスすることでデスクトップ環境を利用することが可能です。つまり事業継続基盤の強化にも活用することが出来る点でも優れています。
他にも携帯用のタブレット端末を活用するだけで、出先からでも自由に業務を行うことができるメリットも存在します。他にも業務の支障にも繋がってきたパッチ適用やウイルスソフトの更新、アプリケーションの更新などもサーバー側で行うことができるため、運用管理業務が軽減され、本来の業務を集中して行えるようになります。

コメントは受け付けていません。